シノドス英会話

「言いたいこと」を英語で話せるようになる!

なぜ、日本人にとって英会話が難しいのか?――最初に必要なのは「語順」トレーニング

日常英会話
シノドス英会話トレーナーの芹沢一也です。本エントリーでは、「なぜ、日本人にとって英会話が難しいのか?」を考えてみたいと思います。

言葉を話すためのOSが異なっている

なぜ、日本人にとって英会話が難しいのでしょうか? 理由はとても簡単です。

英語ネイティブとは、そもそも言葉を話すためのOSが異なっているからです。英語OSと日本語OSは、対極といっていいほど異なっています。OSが行っているのは、一言でいえば「言葉を並べる」ことです。つまり、英語OSと日本語OSでは言葉の並べ方、要するに「語順」が異なります。


簡単な例をあげましょう。

たとえば、「昨日は何をしていたの?」と聞かれて、「昨日は、デパートに買い物に行った」と答えるとします。では、それを英語で言おうとすると何が起こるか?

日本語OSをインストールしている日本人が英語を話そうとすると、脳は上の日本語のような言葉の並べ方をしようとします。これは生理的といっていいほど自然で、きわめて強制力のある現象です。そのため、すっと“I went shopping at a department store. ”という英語が出てこないのです。「Yesterday, depart, go」と言ったりしてしまうのは、日本語OSが日本語を並べるように英語を並べてしまうからです。

ここから、やらねばならないトレーニングのひとつが導き出されます。すなわち、「英語の並べ方」を身につけることです。

必要なのは文法学習ではなく「脳トレ」
 

「なんだ、そんなことか」と思われた方もいるかと思いますが、この問題は「英語と日本語は語順が違う」という、たんなる認識を持つだけでは克服できないのです。というのも、わたしたちがインストールしているOSは日本語OSですので、どうしてもこの日本語OSの干渉を強力に受けてしまうからです。「頭では分かっているけど、でもできない」というやつです。

たとえば、簡単なことなら英語で言える学習者も、少し複雑で難しいことを言おうとすると英語が出てこない、という経験をしたことがあると思います。これは複雑で難しいことを考えようとすると、どうしても日本語OSがフル回転するために、日本語OSが強力に干渉して、英語が口からうまく出てこなくなるのです。

ではどうすればいいのか?

文法を学べば英語が話せるようになる?

OSが行っているのは「言葉を並べる」ことです。そして、この言葉の並べ方のルールが文法と言われるものです。では、文法をしっかり学べば、英語が話せるようになるのでしょうか?

答えはNOです。このことは多くの日本人が文法を学習しても話せるようにならないこと、あるいはTOEICで高得点を取っても「英会話はまったくダメ」という人が多いことからも明らかでしょう。

必要なのは文法の学習ではなく、英語を正しい語順で並べられるようになる「脳トレーニング」です。それも、とくに意識せずともそれができるようになるまで、徹底的に「脳と口」に叩き込む必要があるのです。

英会話に必要なのは勉強ではありません。正しいトレーニングを反復することです。テストの成績などは関係なく、トレーニングを行ってさえいただければ、誰でも英語を話せるようになります。

「語順」トレーニングはそのための第一歩であり、このトレーニングによって、英会話に不可欠な土台をつくることができます。

みんなからのコメント

ログインが必要です

トラックバック

ログインが必要です

 

カレンダー

2022/1
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

最近のエントリー

  1. 究極の“simple English”――英語の世界への鍵は「動詞」である

  2. なぜ、日本人にとって英会話が難しいのか?――最初に必要なのは「語順」トレーニング

カテゴリー

タグ

タグは未登録です

アーカイブ

ページ先頭へ戻る
読み込み中です